高崎青年会議所
前橋青年会議所
桐生青年会議所
伊勢崎青年会議所
館林青年会議所
富岡青年会議所
太田青年会議所
藤岡青年会議所
渋川青年会議所
沼田青年会議所
おおらか青年会議所
公益社団法人 安中青年会議所
群馬県安中市安中3-11-3
安中市商工会館内JCルーム
TEL : 027-382-2824

公益社団法人
安中青年会議所
第4代理事長
(2018年度)

三浦雄人

■はじめに

昨年2018年度、公益社団法人安中青年会議所は創立45周年を迎えることができました。 これは1973年に538番目の青年会議所として発足し、45年もの間「明るい豊かな社会の実現」に向けて、数多くの先輩諸兄が地域の先頭に立ち、若々しい英知と勇気と情熱をもって運動を展開し続けてきた熱い想いが継承されているからだと確信しております。私たちはその功績に敬意を表すると共に、関係諸団体並びに地域の皆様に支えられている事を忘れずに、各々が責任と誇りを持ちながら地域を代表するJAYCEEとして運動に邁進していかなければなりません。

また、5年周期で時代が流れると言われている節目の年を経て、本年度は50周年に向けてスタートの年だと思っております。この地域に大きなインパクトを与えるための変革を恐れず、新たなステージへ進む必要があります。私たちは若さという無限の可能性を秘めており、溢れる情熱と仲間たちの絆を核として、ひと・まち・未来を愛する心を紡ぎ合い、安中市の発展と明るい豊かな社会の実現に向けて、責任と誇りをもち、会員一丸となって挑戦して参ります。

【未来を担う青少年の育成】
現在、子どもたちを取り巻く環境は、コミュニケーションツールが普及し、昔では考えられないような便利な情報社会となっております。しかし、子ども同士で会って遊ぶ時間や家族以外の大人と接する機会が少なくなっており、それは自ら考え行動する力を育てる事や、様々な価値観や考え方に触れる機会を減少させてしまっているのではないでしょうか。将来、広い視野を持たずに自分のことしか考えられない自己中心主義の大人に成長してしまうと危惧しております。安中青年会議所では、継続事業のスポーツ事業と他の事業を通じて多くの子どもたちに様々な人との出会いや体験、多くの価値観や考え方に触れて頂きたいと考えています。仲間と共に一つの目標に向かい切磋琢磨して乗り越えることが出来た時の達成感や感動を味わう事。また、その中で相手の立場に立ち考え行動できる、愛情を備えた子どもへと成長出来る機会を提供したいと思います。子どもは大人の背中を見て育ちます。私たち大人世代は、何事に対しても真剣に取り組み、子ども達の成長は自分たち背中に懸かっているという責任を自覚し、良き模範となることが重要だと考えます。

【防災協定に基づく防災への意識強化】
安中青年会議所が安中市と安中市社会福祉協議会と3社防災協定を結んでから2年が経ちました。我々は、3年前から防災に対する知識を学び始めています。しかし、まだまだ防災に対しての意識強化が必要だと感じます。幸い安中市は災害の少ない地域ですが、いつ何時にどのような災害が起こるか分かりません。我々メンバーは更に防災に対して学び、考え、そして、その意識をより多くの安中市民に届ける事がこれからの安中青年会議所の責務であると考えます。

【魅力あるまちづくりへの挑戦】
私たちのまちづくり運動の最大の発信の場でもあるフェスタ『大江戸』inあんなか。このフェスタ『大江戸』は、先輩方から受け継いで第17回目を迎えます。我々のまちづくり運動の原点であり、安中青年会議所を代表する事業の一つとなっています。先輩諸兄の積み重ねてきた努力に感謝し、本年度も来場者の方が笑顔で楽しめるよう、責任と誇りを持って次世代へと継承していきます。 もう一つのまちづくり運動として「あんなか祭り」があります。これまでの伝統と文化を継承し、希薄になりつつある地域の人々がふれあえる場を作り上げる事が重要だと考えます。激動する時代の流れに合わせたお祭りへと更なる進化を遂げていくために我々は本年度も挑戦し続けます。

【環境への取り組み】
これまで安中青年会議所としてはあまり取り上げて来なかった分野への挑戦となります。私たちの運動はまちづくり・人材育成・教育と様々な取り組みがありますが、私がこの分野に目を付けたのは、この地域で育ち、この地域を愛しているからこそ、これからも安心安全に過ごしていける環境を作っていきたいと考えたからです。地球温暖化・ゴミ問題・リサイクル・新エネルギーなど環境とは様々ありますが、この中でもゴミ問題に焦点を絞り、私たちができる事は何かを模索し行動していきたいと考えています。この愛すべき地域の環境を意識する活動こそが、明るく豊かな社会の実現に向けた、一人一人ができる小さな一歩だと感じています。

【会員の資質向上と会員拡大】
本年度は、現在の安中青年会議所の基盤となる体制と組織を作り上げて頂いた先輩たちが卒業し、入会歴が浅く、年齢の若いメンバーが中核となる年です。我々の使命は、個人の更なる資質の向上と組織力の強化です。JC活動は一人では出来ません。仲間である同志と共に真剣に向き合い、議論し、取り組む事で様々な経験や感情を味わえます。その経験こそが人を成長させます。責任と誇りをもち、愛する地域のため、邁進していくことで個人の成長に繋がると考えます。そして、組織の中で与えられた役割をしっかりと全うしやり抜くことが組織の強化にも繋がると考えます。
また、我々の活動には一人でも多くの人財が必要です。私たちは日々生活している中で、様々な人と関わります。私はそんな人と人との繋がりを最も大切に思います。JC活動を行っていくにも同様です。我々の運動を理解し、賛同してくれる新入会員を増やすことで、我々のモチベーションも高まり、一人でも多くの地域のリーダーが誕生することを期待致します。そのためには、我々全メンバーが当事者意識を持ち、メンバー全員で会員拡大に邁進することが重要です。

【おわりに】
私は安中青年会議所に入会し、7年間JC運動に携わらせて頂きました。これまでに先輩諸兄をはじめ地域の方々、また関係諸団体等の皆様に支えられご指導頂けたからこそ今日の自分があります。本年度も「明るい豊かな社会」の実現に向けて事業を展開していく事をお約束します。JCの三信条「個人の修練」・「社会への奉仕」・「世界との友情」を基に、常に挑戦し、己を信じ、仲間を信じ、助け合いながら地域貢献を行い、そして個人の成長と掛替えのない友情を習得して貰えるように邁進する事をここに誓い理事長所信とさせて頂きます。

基本方針
1. 未来を担う青少年育成事業
2. 防災協定に基づく防災事業
3. 魅力あるまちづくりへの挑戦
4. 環境に関する事業
5. 会員の資質向上と会員拡大